「海の自然教室in 米原」 平成28年9月10日




        平成28年度自然ふれあい行事
       「海の自然教室in 米原」実施報告
                              平成28 年9 月10 日(土)
     【概 要】
     海域公園地区に指定されている米原海岸において、スノーケルを用いた海中観察会を行った。豊かなサンゴ礁
     とそこに棲む生き物の観察を行うことで、海への親しみを持ち、自然環境保全へ対する意識の向上を目的として
     開催したもの。また、事前説明として、海域公園地区についての説明や米原海岸で行っている環境省の取り組み
     紹介等を行うことで、国立公園の正しい利用方法の周知と理解を深めた。
     
     □ 日 時:平成28 年9 月10 日(土) 13:00〜15:30(※雷の為、早めに解散)
     
     □応 対 者:石垣自然保護官事務所:若松、伊藤、仲本、神保
     石垣市施設管理課:大浜
     石垣島沿岸レジャー安全協議会:大堀、笠原、三輪
     八重山ハザードマップ研究会:花城
     八重山警察署(川平駐在所):新城、島袋
     西表石垣国立公園パークボランティア連絡会:
     谷口、太田、小林智恵子、菊井(撮影)
     東海大学海洋学部インターン生:内田、麻生
     
     □ 場 所:米原公民館および米原海岸

     □ 参加者:一般参加者16名(事前申込者17名 1名体調不良により欠席)
           うち大人3名 子ども13名

     【当日のスケジュール】
      13:00 開 会:主催者挨拶、八重山警察署注意喚起、記念撮影
      13:10 事前説明@:国立公園及び海域公園地区について
          米原海岸での取り組み紹介(神保AR)
      13:20 事前説明A:米原海岸の環境(八重山ハザードマップ研究会 花城氏)
          チーム分け及びスタッフ紹介(石垣島沿岸レジャー安全協議会)
      14:00 海岸へ移動:注意事項説明(東海大インターン)
          水分補給、準備運動、機材合わせ
      14:30 観察開始:スノーケル機材の使用方法を練習し、水に慣れてから観察を開始。
      15:00 観察終了:遊泳30分程で雷鳴が聞こえたため、急遽海から上がり、
          米原公民館へ避難。
          着替え後、米原公民館にて、まとめ
          アンケート及び参加賞配布
      15:30 解散

      ■講師及びスタッフからの反省・意見
       〇潮位が低く、サンゴを蹴飛ばしてしまいそうだった。もう少し高い潮位にして欲しい
       〇雷の時の判断基準をしっかりと行うべき。
       〇事前説明の項目が多く、全体的に説明が長かった。工夫して、短くした方が良い。
       〇講師が丁寧に説明してくれていたので、参加者は安心して泳いでいた様子だった。
       〇機材のサイズが合わなかった子は、遅れを取ってしまい、焦っている様子だった。
       〇友達同士の参加が多く、友達グループが出来上がってしまっていた為、あえて別のグループにする
         のも良いのでは。

      ■アンケート結果 <15名回答>
       スノーケリング経験
        あり:11名 なし:1名 無回答:3名
       出身地
        石垣島:9名 沖縄県内(石垣島以外):3名 県外:3名
       海の自然教室への参加
        はじめて:9名 過去に参加経験あり:6名(うち2回:3名、1回:3名)
       観察の時間配分
        長かった:1名 ちょうど良かった:5名 短かった:9名
       今回の行事について
        とても楽しかった:12名 楽しかった:3名 まあまあ:0名 つまらなかった:0名

      ■参加者の感想
       〇サンゴとかウミヘビとかがいた。途中で海水が口に入ったけど、大丈夫だった。楽しかった。
        サンゴとかめっちゃきれいだった。またやりたい。
       〇ガンガゼを見て、こわかったです。
       〇魚をつかまえたらいけないことが分かりました。
       〇サンゴやきれいな魚を見られてよかった。
       〇初めのスライドショーが分かりやすかった。
       〇色々なサンゴや色々な生物、そして色々な美しいサンゴを見られたから、とても楽しかったです。
       〇色々な海の世界が見られて良かったです。
       〇雷が落ちて少し短くなったけど、魚やサンゴをいっぱい見られてよかったです。また、今後もこう
        いう活動があれば参加したいです。
       〇夏休みから娘が、サンゴのこと、海の中のことに興味を持ち、自分で調べていました。実際にいろ
        んな海の中を観察することで、環境のことや自然の大切さを感じて欲しかったので、色々な事を教
        えて頂き、とても良かったです。レンジャーの仕事にも、興味が持てたと思います。ありがとうご
        ざいました。
       〇下地(野底地区)にはあまりきれいなサンゴがないので、いっぱいきれいなサンゴを見られて良か
        ったです
       〇海の中のいきものがいてきれいでした。サンゴも色があった。
       〇シュノーケルの使い方、はじめのレクチャーもとても良かったです。そして花城さんのお話もとて
        も心に残りました。いろいろな方のおかげで、海岸がきれいになっているのですね。

      ■今後参加してみたいイベントやご要望
       〇海LOVELOVEフェスタ(ビーチクリーン):回答5名
       〇自然教室
       〇子どもパークレンジャー
       〇今後も続けていって欲しいです。
       〇もっと深いところに潜りたいです。
       〇より詳しくサンゴや環境の事を知りたいので、モニタリング活動など、子どもがお手伝いできるイ
        ベントがあれば参加してみたいです。そして伝えていきたいです。


【当日の様子】



主催挨拶(伊藤R)




八重山警察署注意喚起




記念撮影




事前説明@(神保AR)




事前説明A(花城氏)




ゲームを交えたチーム分け




注意事項説明(インターン)




機材合わせ、浅場で練習





チームごとにスノーケリング開始





カクレクマノミタグ観察